腎血管筋脂肪腫 | 腎血管筋脂肪腫(AML)は、腎臓に出来る良性の腫瘍です。早期発見で腎臓を守りましょう。

腎血管筋脂肪腫<<トップページ

AML(angiomyolipoma)は、腎臓に出来る良性の腫瘍です。
TS患者の場合、思春期ごろから両側に見られる事があり、経過観察が必要です。
多くの場合腎機能には問題がなく、何の自覚症状もないため、発見が遅れます。
早期発見で腎をまもりましょう。

こんな方は、すぐに腎臓のエコーを!

  • 10歳以上の方は、必ず検査を…年に1〜2回以上の検査を継続
  • 10歳未満の方でも…年に1回は検査を継続

AMLが見つかったら医師による管理が必要

AMLが急に大きくなる事を前提に、腎機能の温存を最優先!

AMLの縮小を検討する…

  • 1.カテーテル治療(塞栓術)
  • 2.腎臓部分切除
  • 3.腎臓摘出
  • 4.シロリムス(ラパマイシン)など:治験中

それでも腎機能障害が進行する時には

  • 1.腎不全への薬物(ACE・ARB系降圧薬、その他対症療法や食事療法)
  • 2.透析(血液透析、腹膜透析)
  • 3.腎移植
Page Top ▲